太釈さんの法話なブログ 法話

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

いい供養ができました

おかげさまでお盆のお参り(棚経:たなぎょう)が終わりました。
檀家さんから聞いたちょっといい話や、質問などを書いていきます。


棚経は短い期間にたくさんの檀家さんを訪問するため、一件あたりの滞在時間は5分から15分ほどです。檀家さんと言葉を交わすのも、ほんの一言であることもめずらしくありません。

小谷さん(仮名)は、「おかげさまでいい供養ができました」と私に話しかけてくださいました。
今年に初盆を迎えた親戚が亡くなったとき、お棺の中に自分で写経した般若心経を入れることができたそうです。
なぞり写経 
お棺を閉じれば、故人と永遠のお別れとなります。最後に心のこもったものをお棺に入れてあげたいと思っても、急なことなので準備ができないこともあります。

小谷さんは觀音寺で月に一度行っている写経絵に参加してくださっています。午前4時から会社の社員食堂で食事の仕込みをするパートをしています。勤務が終わるのは午前8時から9時頃です。觀音寺で写経会がある日は、眠い目をこすりながら10時開始の写経絵に参加します。

月に一枚ずつ書きためた般若心経の写経を、故人のお棺に納めることができました。何と心のこもったお悔やみでしょうか。

私は、小谷さんが故人を想う心に手を合わせました。

平成29年10月に発売予定の新刊『人を想うこころ』~人生で大切な恩と供養の話~ の内容についてFacebookページで紹介しています。
こちら からご覧ください。

スポンサーサイト

PageTop

お坊さんTubeを知っていますか

お坊さんTubeを知っていますか。


仏教の素晴らしさ、全国にある寺院の魅力を動画サイトやSNSで配信し、 老若男女を問わず一人でも多くの方にお寺や仏教に興味を持って頂きたい想いからスタートした企画です。


動画の内容は【お経】や【法話】【説法】【お悩み相談】などテーマは自由。 ひとつのチャンネルでまとめる事で多くの方にご視聴していただけるのではないかと考えています。

要するところ、「あなたに合ったお寺を見つけてほしい」ということです。


第1回配信は、私が恥ずかしそうにインタビューしています。

上記のリンクからご覧ください。

PageTop

育メン坊主のひとりごと

育児や子育て、教育に関する質問に、育メン坊主が答えます。
太釈さんの似顔絵 

Q.娘はまだ一歳ですが、実母が九九を教えようとしています。私は母親として調教のようなことをしたくありません。

A.まだ一歳の娘に対して九九を教えることや早期教育をしていくことに対して抵抗があるのですね。まるで調教しているように見えてしまうのですね。

 親が子どもや孫に対してどのような教育方針を持って育てていきたいのか、親と祖父母ですれ違うこともありますね。

 こういうときは、親が子どもに対して何を大切にしていくのかという価値観を書き出してみることです。おそらく祖父母と親は大きく違うはずです。その上で、子どもが楽しくできることは何なのかを見てあげてください。

 勉学ができることも一種の才能です。音楽や絵画の才能があるかもしれません。子どもが苦もなく楽しくできることは何でしょうか。

PageTop

今日の1冊

今日の1冊はこちら

志賀内泰弘 著 『No.1トヨタのおもてなし レクサス星が丘の奇跡
http://amzn.to/2w8Wl8e

心に残った言葉
サービスとは、相手を思いやる心である。
思いやりの心とは、自分が幸せでなければ相手のことまで気が及ばない。
健康でないと幸せとは言えない。

サービスすることとは、相手に頭を下げてへりくだり、気に入ってもらおうとすることと捉えがちです。しかし、そうではありません。

自分が健康で幸せであり、相手を思う心から自然に湧いてくるものです。
仏教でいえば「自利利他」です。

自分が健康で幸せであることは「自利」であり、相手を思う心は「利他」です。
自利利他のサービス精神を持ちたいものです。

私が読んでおもしろかった本やおすすめの本を一覧にしています。
太釈さんの本棚

PageTop

今日の一日一善

かごの中の鳥 

池で泳いでいる小魚は、海にいる大きな魚を見ることはない。
かごの中の鳥は、大空を飛ぶ巨大な鳥のことを知らない。
自分の知っていることだけが、世界の全てだと思ってはいけない。(空海)

ことわざで言えば「井の中の蛙 大海を知らず」となります。

インターネットという膨大な情報の海があるにもかかわらず、井の中の蛙になってしまいます。
なぜか。
自分の取りたい情報だけフィルターをかけてしまっているからです。

分からないことや、行き詰まってしまったら人に聞くことです。
あなたを想って話してくれる内容は、どんな情報よりも貴重です。


法話と天井絵の寺ホームページでは仏教問答Q&Aサイトhasunohaの回答をリンクしています。
こちら をご覧ください。

PageTop