太釈さんの法話なブログ 2017年06月05日

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

レンコンのない蓮 その1

蓮の花

觀音寺境内の道路をはさんだ向こう側に水田が広がっています。
水田には蓮の葉が開き始めました。もうしばらくすると蓮の花が咲き乱れるようになります。

蓮の根っこには、通常はレンコンがあります。レンコンを漢字で書くと「蓮根」となります。つまり、蓮の根っこなのです。

しかし、觀音寺境内の道路をはさんだ向こう側にある水田にはレンコンがありません。蓮の葉と蓮の花を取ることが目的だからです。

蓮の葉は、料亭でお皿として使われます。刺身などを盛り合わせます。
蓮の花は、生け花用として用いられます。

寺の前で蓮の花が咲き乱れるのはありがたいです。ついカメラを向けたくなります。

蓮の花は仏さまが座る場所として仏画に描かれます。
なぜでしょうか。

つづく

スポンサーサイト

PageTop