太釈さんの法話なブログ 心を込める その6

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

心を込める その6

私は答えました。

「涙がこぼれてもいいではないですか。般若心経を最後まで唱えられなくてもいいではないですか。大切なことは『心を込める』ことです。どんなに般若心経を唱えることが上手でも、文字を追っているだけでは意味がない。それより、下手でもいい、涙で最後まで唱えられなくてもいい。誰かのために心を込めて唱える般若心経は尊いものであり、必ず相手に響いていると思います」

老紳士は静かな涙を流しながら、こう言ってくださいました。

「般若心経の意味を知れば、少しは唱えることができるのではないかと思った。それよりも『心を込める』ことが大事なんですね」

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014-01-29(Wed)09:10 [編集]


Re: No title

コメントをありがとうございます。
元旦から落ち着かないもので、明日の講演会が終わると一息つけそうです。
つまらない近況はfacebookでもアップしています。facebookは「中村一善」で登録しています。こちらもご覧ください。

先日ぽっくり地蔵の法話もしてきましたので、報告がてら内容をアップしたいと考えています。

観音寺 | URL | 2014-01-29(Wed)13:58 [編集]