太釈さんの法話なブログ 生き方の道しるべ その3

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

生き方の道しるべ その3

麦わら坊やの母は敬虔なクリスチャンでした。

毎週日曜日に教会で礼拝の後に朗読会がありました。
日常生活の中でキリストの教えをどう生かすのかを語り合うのです。
本の朗読をする人もいれば、自分の考えをまとめる人もいます。

ある日曜日のことです。
母が麦わら少年に言いました。
「今日は隣のおばさんが当番なの。でも、娘さんの出産で来られないのよ。あなた、代わりに何かしゃべってくれない?」

内気で引っ込み思案の麦わら少年は困ってしまいました。
でも、母の真剣な表情を見て勇気を持って話してみることに決めたのです。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する