太釈さんの法話なブログ 一番困った時 その4

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

一番困った時 その4

銀行マンは、お金や株、不動産という目に見えるものを扱います。
その他、ほとんどの職業で目に見えるものを扱います。

目に見えるものばかりを追い求めると、まるでピーナッツの缶を開けて食べているときのように「止められなくなる」ものです。ついつい、手が伸びるのです。

止められなくなることを、仏教では「苦しみの世界に入る因縁が熟した」といいます。つまり、「苦しみの準備ができた」ということです。苦しみは限りがありません。どんどん深くなっていく「底なし沼」のようなものです。

弘法大師空海は、このように忠告しています。
「目に見えるものばかり追い求めることは止めなさい。そんなものを追いかけていると、きっと苦しみの世界に入りますよ」

では、苦しみの世界に入らないようにするには、どうしたらいいのか。
「他人の利益をはかるように努めていると、苦しみの世界に行く因縁が消える」

誰かの幸せを願うことは、自分が苦しみから抜け出す一番の早道なのです。
一番困っている人を追い詰めるより、助けの手を差し伸べるようにしたいものです。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する