太釈さんの法話なブログ あわてられん その3

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

あわてられん その3

さて、「ゆずりあいはカッコイイ」という話を紹介しましょう。

車の運転中のことです。交差点を左折しようとしたとき、横断歩道を渡ろうとしている小学生がいました。

事故をしない人は一旦停止します。歩行者優先ですから。
事故をしやすい人は、「出てこないだろう」と思い込んで横断歩道を横切ります。

もちろん、一旦停止をして、小学生が横断歩道を渡り終えるのを待ちます。
ところが、男の子も立ち止まりました。
「どうしたの? 渡らないの?」とおもっていると、小学生がニコニコしながら手をひらひらと振るのです。
「お先にどうぞ」の合図でした。

彼の行為をムダにしてはいけません。ありがたく道をゆずってもらいました。
でも、なぜ小学生は道をゆずってくれたのでしょうか。

きっと、両親の車に乗っているとき、手をひらひらさせて歩行者に道をゆずっているのでしょう。
それを、自分も真似したに違いありません。

ゆずり合いは、カッコいいですね。

つづく

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する