太釈さんの法話なブログ あなたもお大師さま その1

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

あなたもお大師さま その1

平成26年は四国八十八ヶ所霊場開創千二百年の記念の年です。各札所では記念スタンプや特別な納経帳を準備して参拝者を迎えています。

さて、四国八十八カ所の始まりは何であったのでしょうか。
「衛門三郎の伝説」として、現代まで語り継がれています。

お大師さまが伊予国を巡錫していた時、童子が現れ、
「お大師さま、ありがたい霊場を開くといわれても誰ひとり仏の道に入る者がいません。ここに罪深い者が住んでおります。改心させて来世の鑑(かがみ:先達)にしてはいかがですか」
と告げると何処となく去って行きました。

突然に豪雨になり、お大師さまは寺に宿を請いました。
寺の御本尊に手を合わせました。お大師さまが顔を上げると、その寺の御本尊は文殊菩薩でした。
「先程の童子は文殊菩薩の化身で、私を導き、教えをくださったのだ」
と弘法大師は悟ったのでした。

つづく
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する