太釈さんの法話なブログ 昨日も、今日も、明日もあなたを救ってくれる観音さま その2

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

昨日も、今日も、明日もあなたを救ってくれる観音さま その2

平成26年11月22日、午前8時に、高野山奥之院に千年以上にわたり灯り続けている御聖火を迎え、伝統ある結衆大法会が厳かにかつ盛大に行われました。

境内には人並みが途絶えることなく訪れ、観音寺の御本尊と御縁を結んでいきました。
本堂ではご先祖さまの供養に手を合わせ、投げ銭供養を行いました。
御詠歌の調べに心地よさを感じながら、観音寺を後にしました。

この日のため御住職・檀信徒が一丸となって準備を進めてきました。境内の隅々まで整備が行き届き、心地よい二日間でした。
五百年以上の歴史がある結衆大法会を引き受けることは、住職にとっても檀信徒にとっても名誉なことです。
12年に一度の晴れ舞台を菩提寺で迎えられる喜びは、これに勝るものはありません。

観音寺の歴史は、今から約460年前に始まりました。昭和四年に本堂を再建、観音堂大悲殿は昭和九年に再建しています。

観音寺は牡丹で有名です。大正7年、今から96年前に、作り酒屋で約150年、咲いていた牡丹を買い受け、境内に植えたのが始まりです。
昭和47年から、毎年四月に牡丹まつりが開催され、多くの人で賑わいます。
リピーターが多く、毎年楽しみにしている方もいます。

牡丹の鉢植え即売会もあり、お土産に買い求める姿があります。
牡丹の栽培方法の相談にも乗ってもらえるので、鉢植えを買った人はアドバイスをもらっていました。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する