太釈さんの法話なブログ うどんこの生き方 その2

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

うどんこの生き方 その2

ご縁は異なもの、不思議なものです。

畑違いのリサイタルの編成を請け負い、成功させたやなせさん。
それを見ていたのが、何と手塚治虫さんでした。やなせさんは、手塚治虫さんの次回作のアニメで美術監督に抜擢されたのです。

最初は「手塚プロダクションです」と聞いても、どこかの音楽業界プロダクションかと思ったそうです。言われた場所に行ってみると、手塚治虫の鉄腕アトムや鉄人二十八号などのポスターが貼ってあり、やなせさんは「場所を間違えた」と帰ろうとしたというエピソードが残っています。

手塚アニメの美術監督をしたことにより、やなせさんの知名度が上がるかと思いましたが、そううまくはいきませんでした。
やっとアンパンマンの絵本を出したのは、やなさせんが70才の時でした。
「せめて一年は続いてほしい」とやなせさんの願いを越えて、20年以上も続く大ベストセラーになりました。

アンパンマンは出版社や子どもを持つ親には不評でした。

つづく
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する