太釈さんの法話なブログ 法話って何?

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

法話って何?

法話を聞いたことがありますか?
人形供養 法話

 仏教は難解なイメージがありますが、そうではありません。法話とは、お坊さんがお寺で感動する話やなるほどと思う話、人生に役立つ話を盛り込みながら仏の教えを分かりやすく説いていくものです。
 長岸觀音寺では、毎月十七日(初盆やお盆のお参りのため七月~九月は休み)に副住職が本堂で法話をしています。本を読んで見つけた感動した話や、弘法大師空海の一生を描いた弘法大師一代記、高野山開創千二百年にまつわる話などをしています。法話終了後は、聞きたいけれど聞けなかった仏事相談もあり、楽しい雰囲気で行っています。
 平成二十七年は、高野山が開創千二百年を迎えたので、弘法大師空海がどうやって高野山を見つけたのか、高野山を探しているときに出会った狩人と二頭の犬の話や高野山の麓にある町はなぜ九度山というのか、百七十三年ぶりに再建された中門の役割とは何か、お大師さまが奥之院で今でも生きているという入定信仰があるのはどうしてなのか、などを紹介しています。
 あなたが真言宗寺院の檀家だけれど、お大師さんや高野山のことをよく知らないなと感じておられたら、私の法話を聞いてみてください。目からウロコが落ちるかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する