太釈さんの法話なブログ リンのたたき方

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

リンのたたき方

お仏壇の前に座り、リンを鳴らして合掌します。リンは、どうやってたたくのが正しいのでしょうか。
リンのたたき方

 作法には流派がありますが、高野山真言宗の流派(中院流)で紹介します。
 リンをたたく棒を右手の親指、人差し指、中指で軽く持ち、内側から外側に向けて棒を当てリンをならします。回数は二回です。お経の途中で区切りを示すときは、リンを一回たたきます。
 リンの外側を水平にたたいたり、リンの縁をコンコンとたたいたりすることはしません。
 リンの澄んだ音を楽しみたいものです。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する