太釈さんの法話なブログ こんなに分厚い文庫本、見たことない

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

こんなに分厚い文庫本、見たことない

文庫本は、サイズか小さくて手に取りやすく、価格が手ごろなのがウリです。
字が小さいのが難点ですが、300ページぐらいで持ち歩くことができるのがうれしいですね。

最近、私もネット書店で本を買うことが多くなったので、実物の本を見ずに買う機会が増えました。届いた本を見てびっくりすることはあまりないのですが、文庫本なのに950ページぐらいあります。通常、見かける文庫本の3倍のボリュームです。



著者が臨死体験をしたとき、光から教えられた自分の使命に従って生きることを決心されました。それは、スピリチュアルな体験であったため、科学的な研究を積み重ねて人生の仕組みを解き明かし、ブレイクスルー思考を提唱されています。

具体的には、数千人に及ぶ被験者の退行催眠により、過去世を探ります。そして、生きている意味を導き出してことを科学的に証明しようとする取り組みです。
スピリチュアルな科学研究の理論と実践、考察を書いてあります。

それにしても、すごいボリュームです。私が読み終わっても、著者はまだ語り足りないようです。「詳しくは、他の著書を読んでください」という部分が随所に出てきます。私は、1冊の本を書くのに息切れがしそうなのに。

世の中には、すごい人がいるものです。



ホームページをリニューアルしました。今回からスマートフォンに対応しています。
http://howa-kanonji.com/
あるいは、「法話と天井絵の寺」と検索
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する