太釈さんの法話なブログ 家祈祷を知っていますか?

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

家祈祷を知っていますか?

お坊さんでも読めない方がいるかもしれません。
「家祈祷」は何と読むのでしょうか。

正解は「やきとう」です。
長岸観音寺に教善師(現住職の父)の時代から続いている年始の行事です。檀信徒の家庭を訪問し、錫杖をシャンシャンと鳴らしながら九條錫杖経(くじょうしゃくじょうきょう)を唱え、一年の家内安全を祈祷します。鳴門結衆でも長岸観音寺独自の行事として行われています。

正月の床の間

 正月は床の間に鏡餅をお供えしたり、専用の棚をあつらえてお供えをします。しめ縄に縁起物の鯛や七福神の飾り物を吊り下げたり、柳に餅をつけたりします。

お正月のおまつりを省略する方も多くなりましたが、日本の伝統として守っていきたいものです。



ホームページをリニューアルしました。今回からスマートフォンに対応しています。
http://howa-kanonji.com/
あるいは、「法話と天井絵の寺」と検索
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する