太釈さんの法話なブログ お釈迦さまの命日を知っていますか?

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

お釈迦さまの命日を知っていますか?

お釈迦さまは、今から約2500年前に亡くなりました。お釈迦さまの命日を知っていますか?
2月15日 満月の夜に亡くなりました。

お釈迦さまは、仏の教えを悟り、人々に説いて布教をした一生を送りました。お釈迦さまの遺徳を偲び、命日である二月十五日(前日の十四日)に法会を行います。この法会を涅槃会(ねはんえ)といいます。 
 
 涅槃会では、お釈迦さまが亡くなった時の様子を描いた涅槃図を掲げます。
涅槃図

お釈迦さまは、生まれ故郷へ向かう最後の旅の途中で体調を崩し、クシナガラにある跋提河(ばつだいが)のほとりで沙羅双樹ゅさらそうじゅ)のもとで亡くなりました。
 体調を崩し、沙羅双樹のもとで北枕にして身体を横にしているお釈迦さまのもとには、お弟子さんや仏さま、動物たちまで集まっています。お釈迦さまが最後の時を迎えようとしていることを心配し、嘆き悲しんでいます。

 旅の途中でお釈迦さまが食べたキノコで食中毒になりました。食事を接待した鍛冶屋の息子であるチュンダは、食事によってお釈迦さまが体調を崩したことを心配して、クシナガラまで付いてきました。お釈迦さまは、チュンダに対して「私が体調を崩したことを気にしないように」と心遣いの言葉を残しました。



觀音寺ホームページをリニューアルしました。今回からスマートフォンに対応しています。
あるいは、「法話と天井絵の寺」と検索
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する