太釈さんの法話なブログ 育メン坊主のひとりごと

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

育メン坊主のひとりごと

Q.息子が八歳になります。勉強が嫌いで親の言うことを聞きません。反抗期なのでしょうか。

A. 小学校に入学して学校生活に慣れてくると、子どもが親の言うことを聞かなくなってきます。
「勉強が嫌いだ」と子どもに言われると、親としては学年が上がって学業について行けなくなるのではないかと心配してしまいます。
 子どもが三歳ごろは親が言わなくても学ぼうとしていたのに、なぜ勉強しなくなったのでしょうか。
 それは、子どもが目的を見失ってしまったからです。勉強は良い成績を取るためにするのではありません。子どもが将来、社会の役に立つ人物になるためなのです。
 親は、子どもに勉強の目的を教えてあげてください。



觀音寺ホームページをリニューアルしました。今回からスマートフォンに対応しています。
あるいは、「法話と天井絵の寺」と検索
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する