太釈さんの法話なブログ お寺や墓地選びに不安や疑問を持っている人へ

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

お寺や墓地選びに不安や疑問を持っている人へ

お坊さんバラエティ「ぶっちゃけ寺」が面白いです。
お坊さんという、一般的に縁遠い世界を、へぇという切り口で紹介しています。

寺にいる私にとって普通のことでも、一般の方にとっては「へぇ」になるものです。

ぶっちゃけ寺に出演し、視聴者の「へぇ」に答えている僧侶である小黒澤和常さん(松岩寺副住職)が新刊を発売しました。



著者は、駒澤大学仏教学部禅学科を卒業後、ファイナンシャルプランナーとして証券会社に勤務した後、松岩寺副住職に就任します。本書は日本が葬式仏教になっていく過程を歴史から読み解きます。

お布施とは?戒名とは?など、お坊さんに聞きたいけれど聞けない話題に正面からトライしています。ここに著者の覚悟を読み取ることができます。

ちょうど著者が本山での修行に行くことになった年、東日本大震災が発生します。この出来事が、著者を供養とは何か、最高の葬式とは何かと考える転機になったと私は考えました。著者の一番の悩みは「自分はどんなお坊さんになるか」とのこと。その答えは、檀家さんに配布している「大切な人を亡くしたあなたに知ってもらいたい3つのこと」「いつかくる大切な人を失う前にやっておきたい3つのこと」に表れているように私は思いました。表紙を入れて4ページに満たないものですが、著者の心意気が感じられます。

お寺の実情と、供養・葬式の意味を知ってもらうために読んでほしい一冊です。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する