太釈さんの法話なブログ お大師さまの誕生日を知っていますか?

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

お大師さまの誕生日を知っていますか?

 お釈迦さまの誕生日は四月八日と伝わっていますが、大師さまの誕生日をご存じですか?
 お大師さまの誕生日は宝亀五年(七七四年)六月十五日です。讃岐国多度郡屏風ヶ浦で生まれたと伝わっています。
 お大師さまは幼名を「真魚」と名付けられました。お大師さまの母は、懐妊した時に不思議な夢を見ました。紫色の雲に乗ったインド僧が空から舞い降り、母の懐に入ったのです。その後、お大師さまの母は懐妊の兆候が見られました。お大師さまの母は、「元気な子どもが生まれますように」と毎日神仏にお祈りしました。そして、十二ヶ月後に玉のような子どもが生まれたのがお大師さまです。また、六月十五日はインドの高僧であった不空三蔵の命日であることから、お大師さまの母が夢に見たインドの僧は不空三蔵であり、お大師さまは不空三蔵の生まれ変わりではないかと言われることもあります。
稚児大師 ブログ用

 お釈迦さまの誕生日を祝う行事として花まつりがあるように、お大師さまの誕生を祝う行事に大師誕生会があります。高野山では、青葉薫る季節なので、青葉まつりとして盛大なお祭りが開催されます。
 大師誕生会では、花御堂の中にお大師さまの子ども時代の姿である稚児大師を立てます。そして、お釈迦さまと同じように甘茶をかけて祝います。鳴門結衆の大師誕生会では、僧侶が稚児大師をお参りした後、参列者も普段立ち入ることができない内陣へ入りお参りすることができます。




この記事は觀音寺が毎月発行している寺院だよりの記事です。
すべての記事はホームページよりダウンロードできます。お寺からのお知らせをご覧ください。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する