太釈さんの法話なブログ どうしたらベストセラー作家になれるのだろうか

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

どうしたらベストセラー作家になれるのだろうか

ベストセラーになった本はどれぐらい売れたかご存じですか?
1万部でそこそこ売れたかな、5万部で書店員さんが注文するレベル、10万部でベストセラーです。
ちなみに私の本はせいぜい1000部ぐらいしか売れません。

そこで、タイトルに「ベストセラー」とついている本を探してみました。
発行が2006年と古いのですが、今でも通用する本を見つけました。



ベストセラーの鍵を握るのは、編集者の姿勢と斬新な切り口、著者との相性です。

本の編集者は、常識を疑う、人の会話から出てくる情報を拾う、斜めから見る企画など、気にかけているポイントが見えてきます。
また、著者として、本に知識を詰め込みすぎてはいけないなどのノウハウも垣間見られました。

ベストセラーになる本に共通しているのは、①読んでおもしろい ②感動を与える ③著者の世界観がある です。
どれも簡単そうで難しいものばかり。

本は星の数ほどありますが、本を作ることに心を込めている人がいてベストセラーがあることを教えてくれた本です。

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する