太釈さんの法話なブログ なぜは盆は供養するのだろう

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

なぜは盆は供養するのだろう

 今年は初盆を迎えるけれど、どのようにしたよいのか分からないと悩んでいる方もおられるかもしれません。
 初盆を迎えるとは、どういうことなのでしょうか。故人が亡くなり四十九日忌を終えた後、初めて迎えるお盆のことを初盆といいます。お盆までに四十九日忌を終えていない場合は、翌年が初盆となります。初盆は、霊となった故人が初めて帰ってくるので、丁寧に供養したいものです。
 初盆を迎える年に、施主は盆灯籠を購入します。長岸觀音寺で戒名と偈文を書き入れ、開眼供養をしておきます。七月三十一日の夜から八月三十一日の夜まで、盆灯籠を窓際に吊して明かりを付けてください。故人が帰ってくるときに、迷わないようにするためです。
 八月に入るとお盆のお参り(棚経)に参ります。訪問日程は事前にハガキにてお知らせいたしますので、私の訪問にあわせて祭壇を準備したいものです。
 お盆に入る前(八月十三日まで)にお墓参りをしておきます。気温が高いので花はすぐに枯れてしまいます。新しいシキミを生けておきましましょう。お仏壇もそうじをしてホコリを取っておきます。新鮮な果物やお菓子をお供えして、香りのよい線香を立てて手を合わせましょう。
盆灯籠
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する