太釈さんの法話なブログ 夏の寺院行事が無事に終わりました

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

夏の寺院行事が無事に終わりました

気がつけば9月も下旬、お彼岸になりました。

寺院だより9月号の記事をシェアしたいと思います。 

 八月三日(水)~十四日(日)まで棚経のため皆さまの自宅を訪問させてもらいました。「暑さが身体に堪えますね」が、お互いの合言葉になりました。どちら様にも温かく迎えていただき、ありがとうございました。おかげさまで、本年も体調を崩すことなく無事に棚経を終えることができました。
 また、八月十八日(木)は長岸觀音寺において施餓鬼会を行いました。長岸の御詠歌講が御詠歌を奉詠してくださいました。続いて、高野山から派遣された本山布教師(石川県から来徳)である辻雅榮様を迎えて法話を頂戴しました。「ぼさつのこころ」というテーマで、笑いを交えながら話してくださいました。続いて太釈が導師を務め、鳴門結衆寺院により施餓鬼会の供養をしました。猛暑の中、鳴門結衆の寺院方に長岸觀音寺まで来てもらうことができありがたいことです。
 棚経は、私が檀家さんとお目にかかることができる数少ない機会です。長岸觀音寺に対する要望や意見がありましたらお話しください。毎年十二月に開催している総代会にて議題を提出し相談させてもらいます。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する