太釈さんの法話なブログ なぜお坊さんは話がうまいのか?

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

なぜお坊さんは話がうまいのか?

第一章 あなたの話は「ただの世間話」だと思われていませんか

 

第一章 あなたの話はただの世間話だと思われていませんか?


ただの世間話ほどムダな時間はない

 あなたの話はなぜ聞いてもらえないのでしょうか。

ただの世間話、例えば昨日の食事メニューやテレビ番組のどこがおもしろかった、ドラマにどんな俳優が出ていた、子どもの送迎途中で見かけた新しい店があった、家族の洗濯をしていたら息子がシャツを二枚ため込んでいた、というような話はどうでもよい話です。


聞き手にとってつまらない話を延々とされると時間の無駄です。世間話をすると話し手は気持ちがいいですが、聞き手は話の内容がないし、「だからどうしたの?」となってしまいます。世間話は、残念ながら聞き手にとって時間の無駄です。聞き手の時間を潰すにはいいのですが、学びのある話ではありません。

 

あなたの話もムダ話だと思われている

誰でも「自分はそんな無駄話をしていない」と思っているものです。しかし、あなたも無駄話をしていると周りから思われているのです。


 話し手は、聞き手にとって有益な話をしているつもりです。例えば、子どもの送迎途中に新しい店を見つけたことは、「あなたを知らないでしょ?」という情報提供したつもりです。でも、あなたは聞き手の興味がどこにあるのかを考えていません。


 たまたま新しい店を見つけた話が聞き手の興味にヒットすればいいのですが、必ずしも聞き手が持っている今の興味にヒットするかどうかは分かりません。聞き手の興味にヒットした話は、興味深く学びがあり無駄話だと思われませんが、あなたが相手の興味を考えずに一方的に話してしまうと、聞き手にとって無駄な時間になってしまいます。



今回の内容はいかがでしたか?
おもしろかったところ、よく分からなかったところをコメント欄に書き込んでください。
あなたのコメントが私の本をブラッシュアップさせます。
よろしくお願いいたします。

太釈 拝

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017-04-20(Thu)19:47 [編集]