太釈さんの法話なブログ なぜお坊さんは話がうまいのか?

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

なぜお坊さんは話がうまいのか?

第四章 あなたの印象を二倍よくする曼荼羅トーク
 

話し上手な人はコツを知っています。しかし、コツを知らないあなたはアナウンサーのように必ずしも標準語を話さなくてはいけないと思っています。話し方講座に通い標準語を勉強してもアナウンサーやナレーターになることはできても、話し上手にはなれません。


 話し方講座の講師として壇上に立っている人が、「挨拶はすばらしい」という内容で話を始めました。たしかに、挨拶はお互いのコミュニケーションにとって必要不可欠なものです。あいさつ如何によって、あなたの印象が変わってしまいます。


ところが、挨拶がすばらしいと言っている講師がべらんめぇ調で話し始めたらどうでしょうか。内容はたしかに納得のいく内容です。しかし、聴衆によっては講師のべらんめぇ調が耳についてしまい、話の内容に意識が向かなくなるかもしれません。


その一方で、毒舌・辛口のコメンテーターがおっとりした口調で話し始めたらどうでしょうか。時代を斬ってすがすがしいほどの毒舌を期待しているのに、おっとりした口調で当たり障りのない話題であれば、あなたは拍子抜けしてしまうでしょう。毒舌・辛口コメンテーターがべらんめぇ調で世間を批判する内容を話せば、聴衆は納得するものです。


つまり、あなたのテーマやキャラクターと話し方が合っていればそれでいいのです。

 

 曼荼羅トークとは
話し上手になろうとしてトーク術を学ぶが、小手先のテクニックでは話がうまくならない。なぜなら、欠けているものがあるからです。トーク術に加えて人生観がミックスされたときに心を揺さぶるトークができます。相手の心を揺さぶることができたなら、あなたは信頼というギフトを受け取ることができるのです。



今回の内容はいかがでしたか?
おもしろかったところ、よく分からなかったところをコメント欄に書き込んでください。
あなたのフィードバックが原稿をブラッシュアップさせます。
よろしくお願いいたします。

太釈 拝
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する