太釈さんの法話なブログ 般若心経を写すこと

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

般若心経を写すこと

なぞり写経 

なぜ、般若心経を写すのでしょうか。
現在は印刷技術が発達し、自分で写さなくてもコピー機にかければ何枚でも印刷することができます。
しかし、写経は般若心経を写すことが目的ではないのです。

写経では、道場によい香りのする線香を焚きます。そして、写経をしようとする者は手に塗香(ずこう:香料を粉状にして手に塗り込む)をして心身を浄めます。

次に仏前勤行次第を唱えて、御本尊の前でお勤めをします。

これらを終えて、やっと写経を開始するのです。

般若心経を写すだけなら、作法は必要ありません。しかし、般若心経は仏教を遠くインドから日本に伝えてきた無数の人々の苦労を忍び、ありがたさを感じながら自らを見つめることなのです。

一心に写経をしていると、本堂の外で鳴いている小鳥のさえずりや、風の音が聞こえます。
普段の生活では見過ごしてしまっているものが、見えてくるようになります。

やがて心静かになり、写経が終わるころにはあなたの心がスッキリするのです。

つまり、写経は自らを見つめ直し、こころをスッキリときれいにすることなのです。


觀音寺では毎月21日に写経・写仏を行っています。
奉納料500円で参加して頂けます。必要な道具は觀音寺で準備いたしますので、気軽にお越しください。
※7月~9月はお盆の供養のため写経・写仏はお休みいたします。10月から再開いたします。

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する