太釈さんの法話なブログ ところ変われば仏壇も変わる、らしい
FC2ブログ

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

ところ変われば仏壇も変わる、らしい

 徳島県では、お仏壇の最上段に三輻の掛け軸(向かって左から不動明王、真ん中に十三仏、右側に弘法大師、ただし真言宗の場合)を掛けます。

 ところが、首都圏などでは、掛け軸ではなく立体的な仏像を三体(向かって右側に弘法大師像、中央に大日如来像、左側に不動明王像 真言宗の場合)安置することが主流なのだそうです。

仏壇用の仏像 大日如来 

大日如来の仏像 

確かに、お仏壇の最上段に高さが十五センチ~二十センチぐらいの立体的な仏像があれば見栄えがします。小さなお寺であるお仏壇も、立体的な仏像があることでよりお寺に近くなります。

 皆さんのお仏壇にも立体的な仏像があるといいですね。
関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017-07-11(Tue)23:18 [編集]