太釈さんの法話なブログ 秋のお彼岸

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

秋のお彼岸

 昨年頂戴したハガキに「お盆が終わってほっとする間もなくお彼岸です」と書かれていました。今月は秋のお彼岸について紹介します。

 お彼岸とは、世界中の仏教国で行われている行事だと思っているかもしれませんが、そうではありません。お彼岸は日本独特の仏教行事です。起源は明らかではありませんが、桓武天皇の時代(七八一~八〇六)にはお彼岸の行事が行われていたようです。

 お彼岸を春分の日・秋分の日前後に定めたのは、季候がよく、昼夜の長さが同じで仏教行事を行うには最適な時期であったためです。一年に二度、日頃の仏道修行に励まず怠けていることを反省して、仏教週間を設けたのでしょう。

 また、極楽浄土は西にあるといわれているので、極楽浄土にいるご先祖さまのために手を合わせます。

 彼岸とは悟りを開いた世界を指します。私たちが彼岸に行き着くために六つの修行をします。
一、布施…見返りを求めず与えること
二、持戒…決まりごとを守り、穏やかな生活をする
三、忍辱…思うようにならなくても耐え忍ぶこと
四、精進…仏道をたゆまずに実践すること
五、禅定…ザワザワする心を鎮めること
六、智慧…仏教の智慧を身につけて実践すること

彼岸花 
 ヒガンバナは彼岸の時期に咲き、花言葉に「また会う日まで」とあります。彼岸にご先祖さまと再会できると言われるのは、ヒガンバナが咲くことと関係があるのかもしれません。悟りの世界にいるご先祖さまに近づくことができるよう、秋の彼岸は六つの修行を心がけたいものです。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する