太釈さんの法話なブログ がんばらない

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

がんばらない

がんばらない (集英社文庫)がんばらない (集英社文庫)
(2003/06)
鎌田 實

商品詳細を見る



テレビドラマ化されたので読んだことがあるかもしれません。
著者はお医者さん。それもちょっと変わっている。
妙に患者思いで、患者とともに一喜一憂している。そんなお医者さんの少なかった頃の
熱血先生。

医師は、患者を治療して病気を克服すると「勝った」といいます。そして、治療の手段がなくなったとき「負けた」と言います。医師が「負けた」と手放してしまったとき、患者の心に寄り添うことができないものです。

そういう時こそ、「医師や医療従事者ののサポートが必要だ」と鎌田医師は言います。

鎌田医師が若いとき、ある患者さんを往診した後にいつものように言いました。
「がんばって治療していきましょう」
病室を出て行こうとしたとき、鎌田医師は気がつきました。患者の頬に涙がこぼれ落ちそうになっていることを。気になってしばらく患者さんの傍でいました。
しばらくすると患者さんは、絞り出すように言いました。
「もう、これ以上がんばることが出来ません」

この一言から、鎌田医師は患者さんの心に寄り添うようになりました。
「がんばらない」

鎌田医師の著作の中でもベストセラーです。
人としての温かさを感じて欲しいものです。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する