太釈さんの法話なブログ 人形供養の御詠歌

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

人形供養の御詠歌

人形供養2011


   恥ずかしながら人形供養の願文を唱える私です



人形供養祭の様子をカメラに納めてくださいました。うれしいですね。

今回は、新しい試みをしてみました。
「人形供養祭の御詠歌を作詞する」です。

一見難しそうですが、短歌と同じ五・七・五・七・七のリズムで歌詞を作れば、メロディはいくつかのパターンから選べます。つまり、短歌を作ってしまえばオリジナル曲のできあがりと言うことです。

今回私が作詞した人形供養の御詠歌です。

愛されし  人の形に   似たれども
  見守る姿   仏の姿


いかがですか。

御詠歌を唱えてもらった御住職は、
「字余りもなく、唱えやすい歌詞でしたよ。」
と、言ってくださいました。

皆さんはどう思いますか。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

作詞いただき感謝申しあげます。

人形供養祭のための御詠歌を作詞いただきありがとうございました。
短歌を作れば音階にのせて御詠歌ができるとのことで驚きました。
ことばの意味が深く、参拝者の方々も改めて人形たちに感謝の念が湧いたことだと思います。

内田 | URL | 2011-07-10(Sun)01:26 [編集]


作詞

人形供養の作詞は、今回が初めての挑戦だったのですが、好評で何よりです。
メロディはいくつか決まったものがあるので、寺院ごとの御詠歌も奉詠されています。

短歌にすると御詠歌が、七・五調にすると和讃になります。
来年は和讃に挑戦しようと思います。

太釈 | URL | 2011-07-11(Mon)10:19 [編集]