太釈さんの法話なブログ 江戸しぐさ

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

江戸しぐさ

お世話になっている石材店から夏のお便りが届きました。
記事の1つを皆さんと分かち合いたいと思います。

「江戸しぐさ」から

公共の場所で声を掛け合うと、互いに気持ちがいいものです。
知らない仲でも、空いている席に座る時に「そこ、よろしいですか?」と一声かけるだけで雰囲気が和みます。知らないもの同士が互いに和やかになるようなしぐさを「往来しぐさ」といいます。

代表的なものに「傘かしげ」があります。
雨の日や雪の日に、相手も自分も濡れないように傘を人のいない外側にすっと傾けてすれ違うしぐさです。粋ですね。江戸っ子の粋が生きています。

先日、雨の降る日に二男を連れて小学校まで送っていきました。
「傘かしげ」の話題を読んでいいたので、すれ違う時には傘を傾けてみました。でも、私一人傾けても傘は当たってしまうものです。

互いに譲り合う、江戸しぐさをもう一度取り戻したいものです。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する