太釈さんの法話なブログ 姿は見えねど つくつくぼうし

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

姿は見えねど つくつくぼうし

真夏の蝉


   真夏に一生懸命鳴いていた蝉


先日は十五夜のお月さまがきれいに見えました。毎年曇り空で、6年ぶりの名月だったようです。
昼間もうろこ雲が流れています。自然はちゃんと時を刻んで、四季を知らせてくれます。

真夏に一生懸命鳴いていた蝉たちも、すっかり姿を消してしまいました。
写真を撮影したのは、お盆のお参りをしていた最中だったような気がします。暑さ真っ盛りの中で、必死に鳴いていたように思います。

もう9月も中盤です。来週には秋のお彼岸です。

蝉の姿は見えなくなりましたが、どこからともなく「つくつくぼうし」の声は聞こえます。
秋の涼しさを運んでくれています。幼い頃は、つくつくぼうしを捕まえたくて木に登ろうとしましたが、ことごとく失敗しました。
残念だった思い出が、つくつくぼうしの声とともに思い出します。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する