太釈さんの法話なブログ お彼岸のぼた餅

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

お彼岸のぼた餅

お彼岸のぼた餅

   お彼岸にお供えしたぼた餅


お彼岸のお供えにぼた餅をお供えします。秋は萩の花が咲くので「おはぎ」という言い方をすることもあります。

なぜぼた餅をお供えするのかについては諸説ありますが、小豆は邪気を払うと昔から云われてきましたが、その小豆が、秋に咲き乱れる萩の花に似るところから「おはぎ」と云われ、または牡丹の花になぞられて「ぼたもち」と云う説が有力です。

私にとってぼた餅は祖母を思い出します。
両親共働きでずっと祖母に預けられていました。料理が得意でなかった祖母が作ってくれたものは、必ずしも美味しいものばかりではありませんでした。その中でも、私の好物は「ぼた餅」でした。わざわざあんこを買いに行ってくれたものです。

祖母が亡くなってもうすぐ七回忌を迎えようとしています。今年もぼた餅を美味しくいただきました。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する