太釈さんの法話なブログ いつ、準備しますか

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

いつ、準備しますか

戦没者会所2011 法泉寺


  戦没者慰霊祭の会場となった寺院


今年もおかげさまで戦没者慰霊祭の法話を終えることができました。
聞いてくださった皆様に合掌です。

法話は、思いつきでペラペラとしゃべるものではありません。法を説く話ですから、それなりに準備をしてかかります。仏教の教えをどのように盛り込むのか、どのような例話を使うのか、などなど。話の善し悪しは、例話の質に拠ります。心を打つような話であれば、スッと聞いてくださるし、ペラペラとしたおしゃべりでは耳障りはよくても心に残りません。

私の場合、二ヶ月ぐらい前からそわそわし始めます。一ヶ月前には例話を探すために本や新聞記事などをひっくり返します。2週間前には構成を考えて、一週間前にはほぼ全体像を決めます。

弘法大師空海は、中国で密教を学ぶため七年も準備しました。
「行くときは自分の中は空っぽで虚しかったが、帰りは充実して密教の教えを満タンにして帰ってきた」と言っています。

経営者の方も、「今日のことは二週間前に準備している」と言います。準備は力なりですね。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する