太釈さんの法話なブログ 蘇洞門巡り その1

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

蘇洞門巡り その1

蘇洞門巡り 乗船

   蘇洞門(そとも)巡りのため船に乗船


今回は小浜市も2回目なので観光を取り入れました。港からクルージング船が出ているので、日本海の荒波が作った自然美を堪能しようという企画です。

ちょっと慌ただしい昼食を終えてクルージング船に乗り込む檀信徒の皆さん。
「船はどうしても弱いのです。」
という御住職はひとり残られました。酔ってしまうのだとか。

座席もたくさんあり、90名弱の檀信徒が乗ってほぼ満席でした。見晴らしが良いので甲板席に座る方もおられましたが、波しぶきに耐えられずほとんど全員が客席へと移動しました。甲板席で最後までがんばったのは、私を含めて数人でした。

蘇洞門巡り 出港

   いざ、出港です


出港すると、最初のうちは波を切って進む感覚が心地よく、ワイワイ言いながら船の最上部まで上がって景色を楽しむ余裕がありました。しかし、風が強いせいもありしばらくすると目を開けていられないほどの波しぶきになり、全員が客室に避難しました。この時点ですべにベチョベチョでした。互いに顔を見合わせて苦笑いです。

波に削られてできた自然の湾に入れば、波も穏やかで景色を楽しむために甲板に上がっていく方もおられました。年間を通して穏やかなので牡蠣の養殖が盛んにされていました。海の幸が美味しい小浜では、「捕る漁業」ではなく「育てる漁業」にも力を入れているそうです。大きな養殖試験センターが船上から見えました。

蘇洞門巡り 牡蠣の養殖

   牡蠣を養殖しているイカダ

続きは明日にいたしましょう。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する