太釈さんの法話なブログ 蘇洞門巡り その2

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

蘇洞門巡り その2

蘇洞門巡り 仁王立ち


    仁王立ちをする御住職


つい笑ってしまった光景なのでカメラを向けました。ある寺院の御住職で、最後まで波しぶきをかぶりながら上部の甲板に立っておられたのですが、ついに断念して下の甲板席に降りてこられました。船が揺れるので手すりにつかまっていた方が楽なのですが、なぜか彼は「仁王立ち」でした。まるで電車に乗っているみたいですね。
私と彼は同級生なのですが、どう見ても同い年に見えないのが良いのか悪いのか。ですからわざと「同級生です」と紹介することもしばしばです。私が童顔をしているので、こういう職業ではちょっぴり損です。


蘇洞門巡り 向こうは日本海

    湾の入り口まで来ました。この向こうは日本海です。


ついに湾の入り口まで来ました。波の穏やかな時はもう少し日本海まで行ってくださるようなのですが、今回は風も波も高いのでここまでで引き返しました。


蘇洞門巡り 虹

    波しぶきで虹ができました

よく目を凝らしてもらうと波しぶきで虹ができているのが分かります。自然がくれたプレゼントのようでした。


蘇洞門巡り 航路

   航路が名残惜しいです


約45分の船旅でしたが、日本海の自然を堪能させてもらいました。徳島では味わえない海の荒々しさと、力強さ、優しさを感じました。海の幸も美味しいし、言うことなしです。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する