太釈さんの法話なブログ 鳴門結衆大法会2011 その1

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

鳴門結衆大法会2011 その1

長谷寺大法会2011 前日の本堂

鳴門結衆大法会が行われた長谷寺(ちょうこくじ)


徳島県鳴門市で随一の規模を誇る鳴門結衆大法会。
今年は11月19日(土)と20日(日)の2日間行われました。盛大にかつ厳粛に行われました。
私の正直な感想は、「ホッとしました」

今年は前日の夕方4時から本堂内の確認作業と当日の裏方における配役を決めました。
私は名誉ある、でも大役の会奉行(えぶぎょう:司会進行役)を拝命しました。
前任者からバトンタッチされて、今回が2回目です。

長谷寺大法会2011 前日の境内

前日の境内の様子


打ち合わせも終わり本堂でおつとめした後、解散となりました。
私は境内をぐるりと見て回りました。この場所に明日はどれだけたくさんの参拝客が来るのでしょうか。

天気は雨がぱらついていました。地面も濡れて寂しそうでした。
出番を待つばかりとなった経木・線香売り場、詠歌場、大卒塔婆はまだブルーシートに包まれたままでした。


長谷寺大法会2011 吹き流し

境内にたなびく吹き流し


大法会の場所を知らせる吹き流しも寒空の中、必死で頑張っているように見えました。
明日の盛会を祈願しているようでした。

長谷寺大法会2011 出番を待つ詠歌場

出番を待つ詠歌場


ここで御詠歌が一日中、御詠歌講が交代して唱えてくださいます。
雨に濡れないよう、出番まで封印です。

長谷寺大法会2011 開眼を待つ大卒塔婆

住職直筆の大卒塔婆


今回の大法会で大卒塔婆を染筆するため習字を習い始めた長谷寺の御住職。
念願叶ってこの日を迎えました。お披露目は明日まで持ち越しです。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する