太釈さんの法話なブログ 宝福寺ものがたり ヘビ退治編 その21

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

宝福寺ものがたり ヘビ退治編 その21

白龍の傍らには、ヘビの抜け殻が一枚。
ヘビも白龍の精気を吸い取ることで生きながらえていたのです。互いに命を奪い合いながら生きていました。だから「秘法は身を賭して行え」と師匠は伝えたのです。

観音さまになって白龍を改心させた尼さんは、姿が見えません。そこには一体の十一面観世音菩薩が転がっていました。
「十一面観世音菩薩になられたのだ。」

つづく
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する