太釈さんの法話なブログ 応援すること

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

応援すること

震災の影響で延期になっていた徳島マラソンがチャリティマラソンとして先月に開催されました。
ある薬局のスタッフは、基本的に「出場する」そうです。社長をはじめとして全員マラソンをするのが恒例となっているようです。

毎月届けてくれる薬局からのお便りに、徳島マラソンの感想を書いてありました。
彼は出場したものの24.8Km地点でタイムアウトによるリタイヤになってしまいました。関門が設けられていて、制限時間以内に通過しなくてはいけません。次回は完走目指してチャレンジです。

今回はチャリティマラソンだったので、ゼッケンにメッセージを書いて走りました。
「目指せ完走」や「お父さん、頑張って」も多かったのですが、震災に関するものも多かったようです。
「がんばろう日本」「絆」「希望」など。

リタイヤした彼も、このゼッケンを見てパワーをもらったと言います。「体がふっと軽くなる感じ」だったようです。

人生はマラソンのようなもの。
弘法大師空海も7年もの間人知れず過ごしました。その後、中国で花開き、日本で大活躍しました。1200年経った今でも「お大師さま」と慕われています。

関門を通過できず、リタイヤすることもあります。それでも、また行こうと希望をなくさず歩いて行きたいものです。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する