太釈さんの法話なブログ クリスマスのプレゼント

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

クリスマスのプレゼント

ある男性には、4つ年下の妹がいました。

妹は2歳のときに白血病にかかってしまい、
それ以来、ずっと入院生活を続けていました。

妹が病気になってしまってから、両親は妹の看護をするのに必死でした。

休みの日にはいつもお見舞いに病院に行っていたので、
彼には家族旅行の思い出がありません。

友達から
「この前、家族でディズニーランドに行って楽しかった」
「お父さんにプールで泳ぎを教わったよ」

という話を聞くと幼かった彼は、

「僕はお父さんにも、お母さんにもどこにも連れて行ってもらっていない」

と寂しい思いをしていました。
「妹が病気のせいでどこにもいけない」
と、幼い頃は妹を憎んでいたこともありました。

しかし、大学生になり、自分の自由な時間が増えると、
病院にずっといなければいけない妹がかわいそうに思えてきました。

時間が空いている限り、お見舞いに行き、必死に病気と戦っている
妹を応援してあげました。

ある日。
1時間くらい、テレビの話題、病院や大学であった出来事を話し合った後、

「もうすぐ、クリスマスだね。クリスマスの日、また来るから」

といって帰ろうとすると

「おにいちゃん、クリスマスプレゼントに携帯電話が欲しい」

とお願いされました。

クリスマスの日、病気の負担にならないように出来るだけ操作の簡単な
携帯電話を探してから、お見舞いに行くと

「これ、頼まれていたやつ」

とプレゼントを渡しました。
そして、とても喜んでいる妹にメールや電話のやり方を教えてあげました。

その日の晩、妹から彼に
「おにいちゃん、ごめんね。私、小さな頃から、
 おにいちゃんに迷惑ばっかりかけてるよね。
 せっかくのクリスマスなのに…。ごめんね。おにいちゃん、ありがとう」

というメールが届きました。これが妹からの最初で最後のメールでした。

その日の晩、容態が急変して妹は亡くなりました。

看護婦さんから妹が亡くなったとき、携帯電話をしっかりと
握り締めていて離すのが大変だったと教えてもらった彼は

「妹が最後の挨拶をしてくれたんだ」

と思いました。

妹さんの人生は、本当に彼に迷惑ばかりをかけてしまった人生だったのでしょうか?

そんなことは絶対にありません。
彼は妹さんのために犠牲にした以上のものを、彼女から受け取ったはずです。

中山正義 著 「人生の目的に気づく24の物語」より


本当に言いたいことはなかなか言えることではありません。
旅立つ前に大切なお兄ちゃんに大切なメッセージを残せたことは幸せだったと思います。

今日できることは、今日やっていきたいものです。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011-12-22(Thu)22:31 [編集]