太釈さんの法話なブログ ほのぼのとしたぬくもり

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

ほのぼのとしたぬくもり

ある日の事です。
 三車線ある道路を右折しようとしていた時でした。

横断歩道を杖をついて歩いて行く年配の方の姿がありました。
私は横断歩道の手前で車を止め、渡りきるまで待っていました。
渡りきると、こちらに向かって手を上げます。私は「知っている人?」とよく目を凝らしましたが、夕暮れ時で顔がよく分かりませんでした。

よくよく考えてみると、あれは「待っていてくれて、ありがとう」というサインだったと気が付きました。
後からほのぼのとしたぬくもりを感じました。それまでイライラしていた自分を反省したものです。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する