太釈さんの法話なブログ 干支の切り絵

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

干支の切り絵

干支の切り絵 辰


 干支の切り絵


数年前に見つけてからずっとお気に入りで、正月になると取り寄せて飾ります。
今年は辰年なので、龍の切り絵です。迫力がありますね。

干支の切り絵が発祥したのは、諸説ありますが高野山という説もあります。
高野山は標高が高く、稲作ができません。そのためしめ縄に使うわらが手に入りませんでした。
そこで、しめ縄の代わりに干支の切り絵をして飾ったのが始まりとされています。

なるほど、そう言われてみれば高野山に田んぼはありません。
その当時は食べるものにも事欠いたことでしょう。先人の苦労が忍ばれます。

先日、檀家さんのお宅で正月のお参りをさせてもらいました。
帰り際、家のご主人がニコニコしながら玄関の壁を指さします。そこにあったのは当寺が年末に差し上げた「干支の切り絵」が張ってありました。うれしいですね。

今年は龍のように運気上昇するのか、それともタツノオトシゴのようにふわふわと漂うのか。
どちらにしても健康で一年が過ごせるようにしたいものです。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する