太釈さんの法話なブログ 里見八犬伝?

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

里見八犬伝?

二男坊の小学校で「楽焼き」があります。
釜入れの日は残念なことに雨で延期になりました。

造形が苦手な二男坊が作った作品は「ダンゴ」です。本人はきっとボールのつもりだと思います。
それを見て、担任の先生は「里見八犬伝みたいね」と言ってくださいました。

里見八犬伝の大まかなストーリーです。
二男坊は王さまで、信頼のおける部下に玉を手渡します。そして王さまが危機に陥った時、馳せ参じるようにと言い残します。やがて、王の危機が訪れたとき、玉を手渡した部下たちが集結して力を合わせて闘います。

「さて、玉を誰かにあげることができるかしら」
担任の先生はにこにこして言ってくださいました。

こういう捉え方をしてくださるのは、ありがたいですね。
二男坊は幸せ者です。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する