太釈さんの法話なブログ ヘビ神のものがたり その4

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

ヘビ神のものがたり その4

「もう一つ面白いことがある。虹は七色じゃ。しかし、この時の虹は赤、青、白の三色じゃった。三色の虹はまっすぐに立ったままあぜ道や山道に沿う手ゆっくり移動した。まるで、ヘビが泳いでいくようにな。虹が現れてから消えるまで天気が続く。虹が消える時は大きな音がした。あれは大蛇が山肌を滑って池に躍り込む音だったらしいな。」

 私は、ふと疑問を感じて住職にたずねました。
 「では、どうしてほこらは大蛇の霊を祭っているのですか?死んでいないのなら霊を祭る必要もないでしょう?」
 住職はニッと口の端をゆがめて笑いました。
 「いい質問じゃ。そこじゃよ。問題はな。」

つづく
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する