太釈さんの法話なブログ つがいのカエル

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

つがいのカエル

排水溝

  掃除をした排水溝


本堂を建て替えた時、雨水を川に流す排水溝も整備してもらいました。
本堂の屋根などにたまる雨水は配水管を通じて1ヶ所に集まります。
そこから川へと流れていく仕組みになっています。

排水溝にふたが付いているのですが、網目状になっているためイチョウの落ち葉が入り込みます。
春先になると、秋に散り排水溝に入ってしまったイチョウの葉を取り除きます。
そうしないと詰まってしまいますから。

今年は溝すくい専用スコップを買い込み、作業をするとスムーズでした。
早く買えば良かった。

排水溝に入り込んだイチョウの葉は腐り始めていて、異臭を放ちました。
奥まで手を伸ばしてすくい上げるとドッサリ取れます。
それを土の上にひっくり返すと、土色に似た生き物がいました。

よく目を凝らすと「カエル」でした。

突然明るいところへ連れ出されたのでびっくりしたのか、身じろぎもしません。
葉っぱの色とそっくりに変装しているので見落とすところでした。

自分で逃げていくだろうと思い、作業を続けているともう一匹カエルがいました。
姿もそっくりですが、気持ちこちらが小さいような気がします。
「つがい」でしょうか。

2匹仲良く目をぱちくりさせながら、そのまま居ます。
かわいらしさに、和みました。
ボンヤリ具合がそっくりです。

夫婦は似てくると言いますが、こういう所が似ているのでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する