太釈さんの法話なブログ 梵字が見える?

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

梵字が見える?

丑三つ時、午前2時頃。あなたは何を見ますか。

私の妻は時々不思議なものを見ます。
寝とぼけている私が仏さまに見えたりするらしいです。
霊感があるのでしょうか。

先日も、丑三つ時に突然声を上げます。
「梵字(ぼんじ)が見える」

何かの真言らしく、梵字がいくつも見えたらしいです。

え、梵字(ぼんじ)って何かって。
解説いたしましょう。

よく見かけるのは、お墓の裏に立っている卒塔婆の一番最初に書いてある5文字がそうです。
昔のインドの文字で、サンスクリット語とも言います。
純粋な形で残っているのは日本だけで、高野山が世界中の研究者が集まるところです。
現在のインドでは簡略化され、記号のような文字を使っています。

私に梵字が見えたのはどのような意味があったのでしょうか。
妻曰く、「仏さまに護られているんじゃないの?」

ありがたいことです。

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する