太釈さんの法話なブログ 32年ぶり

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

32年ぶり

齋田寺の本堂


   正御影供の会場となった寺の本堂


今年の正御影供が行われたお寺は、鳴門市でも由緒ある寺です。
鳴門が塩田で栄えていた頃、土地を治める領主が信心深く寄進をして建てた寺です。

裏山にはミニ八十八個所霊場があり、山道を進んでいくと札所の名前が刻まれた石像が建っています。毎月、旧暦の21日には護摩を焚き供養を行っています。ハイキングコースにもなり、根強い人気のある場所です。

こちらの御本尊は、当寺と同じ十一面観世音菩薩です。
秘仏なので普段は見ることができませんが、32年ぶりに開帳していました。前回は本堂の屋根を葺き替え、盛大な法要を行ったときに開帳されたそうです。

折角なので見せてもらいました。
撮影禁止なので写真がありませんが、どっしりとした素晴らしい仏像でした。

次のご縁はいつのことなのでしょうか。
滅多に巡り会わない機会に、会えたことは「有り難い」ことです。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する