太釈さんの法話なブログ 春です

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

春です

境内のイチョウ2012-5

日中は温かくなりました。
境内の銀杏はすっかり青葉が開きました。
勢いがありますね。

五月病といわれる時期です。
私の心もコロコロと変わっています。
笑うときもあれば、悲しいときもある。
腹が立って仕方がないときもある。

イチョウはずっと同じ。
春が来れば新芽を出し、青い葉を付ける。
秋が来れば紅葉して、葉を落とす。
冬はじっと耐えて力を蓄える。

その間、休むことなく根を張っています。
イチョウが根を張ることができるのは、土のおかげ。
根を張る「場所」のおかげ。
豊かな水を運んでくれる川のおかげ。

たくさんの「おかげ」を黙って受け入れて根を伸ばす。

私はまだ根無し草です。
五月病でフラフラしている。
「おかげ」があるのに、それに気が付いていない。

もっと根を張りたいものです。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する