太釈さんの法話なブログ がれきは宝の山 その4

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

がれきは宝の山 その4

家の人の姿はない。避難できたのかどうかも分からない。
でも、消防団員には「生きた証」を見たのではないでしょうか。

震災で何もかも無くなった。わずかな希望を探すために歩いています。
ひな人形に希望を重ねたのでしょう。

そこに「人形」があったから心穏やかな日々を過ごすことができました。
ずっと希望の灯をともし続けることができました。

供養した人形のことは、ずっと忘れずにいたいものです。

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する