太釈さんの法話なブログ 300回忌

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

300回忌

時の流れは自分一人の力ではどうしようもないことを感じます。
300年前にあった出来事は私は知るすべがありません。
しかし、過去帳はそれを記録しています。

今月初旬に300回忌の法事をさせてもらいました。
ご家族だけの質素な法事で、本堂でのおつとめでした。

300回忌のご先祖さまは、その家の初代当主でした。
単純に言うと、家は綿々と300年続いているといえます。

戒名を読み解くと、人に心の教えを説き、心正しい人がたくさん集まるような人であったようです。
地域をまとめ導いていくような人であったのではないかと想像します。

法事に来られた檀家さんはしみじみと言っておられました。
「300年前の過去帳が残っているなんて、ありがたいことねぇ」

私は、そのお位牌を今も大事に守っておられる檀家さんもすごいと思います。
500年、1000年と愛されるお寺でありますように。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する