太釈さんの法話なブログ 阿弥陀寺

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

阿弥陀寺

阿弥陀寺

   阿弥陀寺の境内

滋賀県の甲賀にはたくさんの寺院があります。
のどかな風景が広がる心安らぐ土地です。

田畑に囲まれてひっそりと佇むお寺、阿弥陀寺。
どこか、長岸觀音寺に似ているようにも思いました。

出迎えてくださった御住職は眼鏡をかけて教職員のような雰囲気のある方でした。
もしかしたら、学校の先生も兼任なさっているのかもしれません。

さて、こちらは浄土宗の寺院です。御法楽は「南無阿弥陀仏」です。
慣れない南無阿弥陀仏を唱え、続いて阿弥陀如来の御真言「おん あみりたていせいからうん」をお唱えしました。他宗の方が居心地悪そうに御真言を唱えておられる気持ちが理解できました。

重要文化財の阿弥陀如来像はどっしりとして2メートルぐらいあったでしょうか。
仏像のお顔が特徴的でした。普通、阿弥陀如来はちょっと微笑んでいるのですが、こちらの仏像は口をへの字に曲げて厳しい顔をしています。螺髪(らほつ クルクルと巻いた仏像独特の髪の毛)が大きいのが特徴です。

浄土系の阿弥陀如来は立っている姿が多いものです。すぐに助けにいけるようにという意味なのだそうです。しかし、阿弥陀寺の阿弥陀如来は座って瞑想しています。これは大変珍しいそうで、10世紀前半に作られたものではないかと御住職が説明してくださいました。

興味深い法話も頂戴したのですが、続きは明日に。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する