太釈さんの法話なブログ 「お」の字

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

「お」の字

私は二男坊の送り迎えを毎日しています。
自転車の後部座席に座らせて颯爽と自転車を走らせます。子どもを乗せているにもかかわらず、かなり速いスピードが出ます。

二男坊は気持ちが良いのか、後部座席でご機嫌です。
朝は時間に遅れてはいけないと思い慌てて行くのですが、お迎えは次の予定がなければのんびりと自転車をこいでいきます。二男坊も学校が終わった開放感があるのか、機嫌が良いです。

ある時、自転車で帰っていた時のことです。
二男坊が目の前にあるお父さんの背中に文字を書き始めました。自転車をこぎながら、何と書いているのか考えてみました。

筆跡をたどってみると「お」の字でした。

「『お』って書いたの?」
お父さんに分かってもらえたのがうれしかったのでしょう、二男坊は後部座席で大はしゃぎです。

ちょっと危ないんだけどなあ。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する