太釈さんの法話なブログ 大卒塔婆

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

大卒塔婆

涅槃会では、本堂の正面に大卒塔婆を立てます。
高さ5メートルの木の柱です。四面に字を書いて立てます。

境内の大卒塔婆

周りに囲いをしてソテツの葉を付けます。悪いものが入ってこないように、という意味があります。
ソテツは毒があるので、手を突いたら腫れてきます。

外側から木の薄い板(経木:きょうぎ)を水につけて貼り付けます。
ご先祖さまと御本尊が御縁を結びますように、という願いを込めます。

大卒塔婆のてっぺんに白いサラシが巻き付けてあります。
その先は本堂へと伸びています。どこと繋がっているのでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する